« お前ってヤツは・・・ | トップページ | お泊り保育 »

2005年8月11日 (木)

昴の不思議な縁

昨日は忙しい日であった。
昼にはまたしてもトーマス宅にお邪魔。
トーマスのレッスンにララちゃん&ママさんが来るというので一緒にどう?、とお誘いを受けていたので、1にも2にもなく参加決定。
ついでにそのままトーマス宅で昴とララちゃんもレッスンを受けてしまう。
昴はといえば、相変わらずトーマス激愛。その愛の深さ激しさにはもうワタクシもトーマス母様もフジタ先生も呆れ返る他はない。
しかし昴よ。何度も言うようだがトーマスはオスなのだが。
おかげで仲間に入れてもらえないララちゃんが激怒していたではないか。キミたちレディーに対して失礼だよ。
だからと言ってトーマスとララちゃんでは体格差がありすぎるので(ラブラドールとトイプーだもん)、家主なのに申し訳ないと思いつつ、トーマスにはゲージに入ってもらうことに。
トーマスに退場していただいてようやく、昴はララちゃんと遊び始めた。そうなのだ。トーマスと遊べなければ、昴はちゃんと他に遊ぶ相手を探すのだ。
しかしまあ、ララちゃんと遊ぶその姿や遊び方は、ララちゃんと初めて出会ったこの時と全然変わってなくて笑った。
唯一違うのは、ララちゃんがすっかり歯を剥くことが癖になってしまっていて、カーッと歯を剥きながら昴を誘って遊んでいるということか。
ララちゃん、女の子なんだからそんな顔しちゃダメ。モテなくなるぞ。その歯しまってしまって!

ララちゃんはこの後、10時間かけて田舎の秋田へ帰ったそうだが、今頃は秋田でのんびりしているだろうか。
トーマス母様は、風邪お大事に。

というわけで、トーマス宅を後にし、家でのんびりしていた時に再び電話が。
誰かと思えば、先程トーマス宅で別れたミスター・フジタではないか。どうしたというのか。
何のことはない。また新しい犬と会ってみませんかということだった。

しかし、今回のこの犬は少々事情が違った。

非常に面白い縁を昴と持っていたのである。

実は、先週昴がペット保育園で1日保育をしていた時、同じ保育園にいた子だというのだ。

hoiku1-9
↑この写真の左側にいる素敵な笑顔のパピヨンの子。この子が今回ご紹介を受けたショコラくんである。
ショコラくんの保育日誌を見て、これと同じ写真があることに気づいた先生が、「あ、これ昴じゃないですか。この子は僕が受け持っている子ですよ。この子と会ってみますか?」という話を持ちかけ、今回のお見合いと相成ったわけであります。
実はこの電話があった時、ワタクシは人生で一番好きな昼寝に入るところだったのだが、昴のためとあっては仕方がない。もう一度着替えて、ショコラ宅へとお邪魔したのであった。

このショコラくん、ものすごく吠える子で、ショコラ宅のあるマンションでは有名な問題児だそうな。
吠えまくるので他の犬にはさーっと逃げられ、なかなか他の犬と仲良く出来ないのが悩みなの、と優しそうなショコラママさんはおっしゃる。
なるほど、だから吠えない昴が呼ばれたのか・・・と思ったものの、昴も吠える子は苦手なので果たしてどうだろうか・・・と、一抹の不安を覚えながらも、いざショコラくんとご対面。

ショコラくんは昴を覚えていたのだろうか。最初こそ「うーっ」と唸ったものの、心配された吠えることは全くしなかった。
しなかった・・・のだけれど。
ショコラくんはどうも昴に怯えているようで、一定の距離を保ったまま近づかない。昴も最初はぐいぐい近づいていくが、相手が近づいてこないのを悟ると、それ以上は無理に近づいていかない。
しかし、場の支配権は完全に昴が上位であった。こういうことは昴にとっても初めてのこと。っていうか、ここは誰んちだよおい。
昴はすっかりショコラ宅に馴染んでしまい、ショコラくんのおやつに首を突っ込むわ、ショコラくんのおもちゃのボールを追いかけるわで、やりたい放題。ショコラ宅の小学生のお嬢さん二人が遊んでくれるもんだから、調子に乗ってボールを追いかける。ショコラくん可哀想。
けれど昴も一応ここがよそのおうちであることを理解しているのか、ショコラくんにあげたおやつや、ショコラくんのほうに転がっていったボールを、ショコラくんを押しのけてまで取ろうとはしなかった。これだけはホッとしたよワタクシ。

仲良く出来ました、とは決して言えなかったけれど、ケンカもしなかったし、心配されたショコラくんの吠え癖も出なかったので、これから何度も何度も会えば仲良くなれるでしょう、との先生の談。
というわけで、これから週に1度はショコラくんと会うことになりそうです。
昴にとっても、こういう関係は初めてのことなので、いい経験になろう。
ショコラくんの保育園での保育日誌を見せてもらったところ、彼は白いマルチーズやチワワとよく一緒にいたようなので、「先生、ララちゃんはどうだろう?」と言ったところ、「ああ、ララはいいかもしれませんね」とのことだったので、ララちゃんが秋田から帰ってきたら、今度は一緒に行くことになりそうです。

それにしても、偶然とは面白いとしか言いようがないショコラくんとの縁。
以前も、相模原公園で仲良く遊んだボクサーとコーギーが、「小吉代理店」とリンクを結んでいるサイトさんとこの子だったりと、昴の周辺には意外な縁が結構転がっている。
これもあちこちの犬が集まる場所にちょこちょこと顔を出していた成果だろうか。
子供のうちからたくさんの犬との出会いを用意してあげることは、犬や人に対して友好的な子にするために必ず必要なこと、といろんな本にも書いてあるし、フジタ先生も口をすっぱくして言っておられる。
確かに昴は吠えないし、噛まないし、自らケンカもしない子だが、まだまだ完全な社会化が出来たとは言えない。昴にもまだ課題は山のようにある。
だから、こういう機会はなるべく生かしてあげたい。これぞ親の愛だ。

ありがたく受け取るがよい、昴。

本日の名犬度。彼の持つ不思議な縁に+20。

banner_02
↑気がつけば50位内!ありがとうございます!さらにドスドスッと!

|

« お前ってヤツは・・・ | トップページ | お泊り保育 »

コメント

こんにちはショコラの母です
先日はお忙しい中、昴君と来ていただいてありがとうございました。
大事な(?)お昼寝タイムを削ってしまい申し訳ありませんでした。
でもお蔭様で我が家に初わんこを迎えられて感謝しています。
知り合いわんこは沢山居ますが、ショコラのうるささになかなかつきあってくれる友が居ませんでした。
と思っていたところ、「あらっ?」
吠えない…。
藤田さんが居るからなのかいつものショコラとは違って昴君に押され気味。
あんなショコラを見たのは初めてです。
「おもしろい」
ショコラにもとても良い刺激だと娘達と話していました。
せっかくのこの不思議な縁これからもぜひ宜しくお願いいたします。
それからお詫びです。
せっかくお持ちいただいたアイス…一緒にと思っていたのに出すのを忘れてしまいごめんなさい。
娘達といただきましたごちそうさまでした。
また今度楽しみにしています。

投稿: ショコラの母 | 2005年8月12日 (金) 22時42分

ショコラママさま

こんばんは。先日は本当にお世話になりました。
いやいやいや、昼寝はどうでもよいのですよ・・・恥ずかしい日常を晒してしまって失礼しました(汗)
ショコラくん、ホントに一度も吠えませんでしたね。
「え、この子本当に普段吠えるの?」とすら思いましたよ。
先生の前ではいい子なのでしょうか?
むしろ、人様のおうちで偉そうな昴のほうが恥ずかしかったです・・・。
不思議な縁の昴とショコラくん。どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。
私、いつもよそさまのおうちに手ぶらで押しかけていたもので、さすがに失礼だと思いまして・・・。お嬢さんもいらっしゃるし、暑いですからアイスでも・・・と思ったのですが、アイス、喜んでいただけてよかったです。
またよろしくお願いしますね。

投稿: 真島サキ | 2005年8月13日 (土) 20時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112081/5405112

この記事へのトラックバック一覧です: 昴の不思議な縁:

« お前ってヤツは・・・ | トップページ | お泊り保育 »