« 昴の不思議な縁 | トップページ | 衝撃の味 »

2005年8月13日 (土)

お泊り保育

以前にも予告しましたとおり、昴は11~12日とペット保育園で初のお泊り保育を体験してきました。
今日は再び、そのお泊り保育の様子をお届けいたしましょう。

hoiku2-2
↑また人のおやつを物欲しそうに・・・

hoiku2-3
↑くれないからってふてくされるんじゃない!

hoiku2-4
↑やっともらえたらしい・・・。後ろのラブラドールのくりちゃんの視線が痛いぞ。

hoiku2-5
↑ちょっとニヒルにキメてみたぜ!

hoiku2-6
↑と思ったら、次の瞬間アホ面!

hoiku2-0
↑もういっちょ!アホ面二連発!

hoiku2-7
↑仲間の輪の中に入れてないよおい!

hoiku2-8
↑・・・どっちが昴?飼い主でも見分けつかん。

hoiku2-9
↑今回の仲良し、ショコラちゃんと2ショット。右が昴、左がショコラちゃん。

今回も元気いっぱい遊んでいたそうです。保育園を出て行く飼い主にすら気づかなかった。
今回の一番の仲良しは、この同じ柴犬のショコラちゃん。パピヨンのショコラくんとは違い、こちらは女の子でした。
このショコラちゃん、昴を預けに行ったその時から非常に印象深い子で、園内をウロウロしている昴になど目もくれず、サークルの壁の上から覗き込んでいるワタクシの前で、ワタクシに飛びつくように華麗なジャンプを披露してくれた。

す、昴はジャンプ出来ないのに・・・!

その後、どうやら昴と仲良くなったようで、普段はゲージで一人で寝ている昴はこの日、ショコラちゃんと一緒に園内でぐっすり寝たそうな。
柴犬飼いにとって、同じ柴犬のお友達が出来ることが夢なわけで。
成犬の柴犬というのは、まず子供と遊んでくれない。かといって、同じ月齢の仔犬では、オス同士はイマイチ相性がよくない。バロンくんとかね。
でも女の子が相手だと結構上手くいくのかも。以前も相模原公園であった同じ月齢の赤柴ギャルはるちゃんとは仲良く遊べたし。
はるちゃんはあの時一回しか会っていないし、遊んだといっても帰る間際だったからほんのちょっとしか遊んでいなかったから、今回のショコラちゃんは飼い主的にすごく嬉しかった。
また会えるといいなあ。でもどこに住んでるお嬢さんなんだか全然知らないんだけどね。

ところでこのショコラちゃん。見てわかるとおり、パッと見には昴にそっくり。首輪も同じ赤で、よく見ないと違いがわからない。
違いは尻尾と眉毛。昴の尻尾は未だどっち巻きなんだかわからないほど微妙な巻き方しかしていないが、ショコラちゃんの尻尾はぐりんっ、と立派に巻いている。
そして、ショコラちゃんにはよく見るとうっすら眉毛があるのだ。昴にはこれがない。

ワタクシが迎えに行ったとき、園内の透明プラスチック製のドア越しに笑顔を浮かべた柴犬が見えた。
「あ、今回は私に気づいたな昴。よしよし、笑顔を浮かべて尻尾振って可愛いではないか」
そう思ってほくそえんだワタクシだったが、よーく見るとなんだか違う。
そう、それは昴ではなくショコラちゃんであった。
昴は何をしとったのかと言えば、またしても飼い主様の登場に気づかず、奥のほうで他の子と遊んでいた。

お前ってヤツは~~~~~!!!

保育園のお姉さんに連れられて出てくる時も、入り口でもたもたしやがった昴の横をするっとすり抜け、真っ先にワタクシの前に来て、華麗なジャンプをしながらキラキラした目で嬉しそうにワタクシを見上げていたのはショコラちゃんであった・・・。

ま、昴も前回よりは耳のペタペタ具合も尻尾のブリブリ具合も大きかったですけどね。

とりあえず、今のところは次の保育園の利用の予定はないんですが、また利用したときにはご報告いたします。

本日の名犬度。可愛いガールフレンドを見つけてきたので+10。

banner_02
↑お盆でみんな帰省中か?でも応援もよろしくです!

|

« 昴の不思議な縁 | トップページ | 衝撃の味 »

コメント

こんばんは。。。
お泊り保育ですかぁ~^^
うちのぷちも行かせたいところです・・・
確かに同犬種だとなかなか見分けがつきませんねぇ-->o< うちもダックスのブラックタンだと見分けが困難になります(汗)
昴くんはすくすくと育っていい愛犬になることでしょう・・・一方のうちのぷちは『インドア』に育ちそうで怖い。。。

投稿: ぷちこのママ | 2005年8月14日 (日) 01時03分

こんばんは。
初めてのお泊まり保育楽しく読ませて頂きました。
泣いたり淋しがったりせずにお利口さんだったみたいですね。
可愛いショコラちゃんとまた会えるといいですね。

投稿: すばる姉 | 2005年8月14日 (日) 23時07分

ぷちこママさま

この保育園はなかなかお勧めですよ。
ペットホテルのようにずっとゲージに入れられることがないのがミソでしょうか。
飼い主の助けもなく、ずーっと他の犬と一緒に過ごさなければならないので、無理矢理にでも犬に慣れますしね。
昴のようなタイプは、こういう場所は楽しくて楽しくて仕方ないようです。
犬の見分け方は難しいですよね・・・。ひどいときになると首輪でしか見分けられないとか言うときもありますし(汗)
ちなみに、昴も普段は「インドア」生活ですよ。飼い主が「インドア」派なもので・・・(笑)

投稿: 真島サキ | 2005年8月15日 (月) 07時42分

すばる姉さま

ペット保育園ではあまりずっと泣いたり寂しがったりする子はいないみたいですよ。
そんな暇がないというか!だって周りにはずっとたくさんの犬がいるわけですからね。
犬が苦手な子も、結局は他の犬に気を取られるので飼い主を思い出している場合じゃないのかも。この辺がペットホテルとの違いでしょうね。
ショコラちゃんはどうやら先週もお泊り保育していたようなので、タイミングが合えば、また会えるかもしれません。期待しています。

投稿: 真島サキ | 2005年8月15日 (月) 07時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112081/5454119

この記事へのトラックバック一覧です: お泊り保育:

« 昴の不思議な縁 | トップページ | 衝撃の味 »