« 柴男の宿命 | トップページ | 天国と地獄 »

2005年10月19日 (水)

帰ってきました

ワタクシも無事退院し、6時過ぎに保育園に3日間放置した昴を迎えに行ってまいりました。
一応、2~3日は安静にするように、とお達しが下っている身なので、妹に頼んで車を出してもらい、一緒に迎えに行ったんですが・・・。

案の定、ワタクシたちが入っていってもこちらを振り向きもしない昴。ヤツの視線は奥にいるお姉さんにしか向いておらず、我々がやってきたことすら気づいていない様子。
しかも、お姉さんに連れられてやっと出てきたと思ったら、最初に飛びついたのは妹のほうでした・・・。
誰でもいいのか、お前。

3日ぶりに家に戻って、ひとしきりバカ走りをして、ワタクシからビスケットを1枚奪い取ったと思ったら。

・・・・・・あれ?

2005101901
↑これは一体?

動かないんですけど。
ワタクシの指定席である座椅子の横で、いつものようにごろんと横になったかと思ったら。
ワタクシが動こうとも何をしようとも、ぴくりとも動かないんですが、コイツ。
普段ならば、寝ていても、ワタクシが動けば起きて後をついてくると言うのに。
まさか死んでるんじゃ・・・と思い、呼吸を確認すると、規則正しく動くハラの肉。一応生きてるらしい。
寝てる・・・んだよね?

しかし、これほど爆睡するなんて、よっぽど保育園ではフィーバーしてきたのだろう。
確かに、その様子は保育日誌に垣間見ることが出来ます。・・・っていうか、保育日誌に載っている昴の写真はどれも輝く笑顔ばかりなんですが。写真だけで十分、昴が保育園ライフを満喫していることがよくわかります。

その保育園ライフとワタクシの地獄の手術ライフの模様をお届けしたいんですが、さすがに退院してきた当日で、ワタクシの身体も穴あけた腹が痛いとか、麻酔の管突っ込まれた喉が腫れ上がってるとか、かーなーり辛いものがあるので、とりあえず、今日は無事帰ってきましたのご報告だけにさせてくださいませ。

・・・ところで、今日はトーマスも1日保育だったと思うのですが、昴の日誌にトーマスがいないんですけど。
保育園のお姉さんからもトーマスのことを何も聞かなかったのですが、いなかったのかしら?
どうなんでしょ、トーマス母さま?

本日の名犬度。飼い主様がいなくてもどうでもいいということがよくわかった。恩知らずめ。-30。

人気ブログランキング
↑さっき揺れました。気絶していた昴もさすがに起きて「ワン!」と吠えました。みなさまは地震大丈夫でしたか?大丈夫だよー、という方はここ押してね!(強引)

|

« 柴男の宿命 | トップページ | 天国と地獄 »

コメント

真島様、お体大変でしたね。あまり無理しないで大事にしてください。・・・といっても、女の人はうちにいる限り休まることはないんで、つい動いちゃって疲れちゃうのでホントに無理矢理休まないとね。昴もきっと、保育園で気疲れしたんですよ、きっと。お昼寝、添い寝でまったり過ごしてください。お大事に。

投稿: ラブ母 | 2005年10月19日 (水) 21時12分

昴クンのママ様、お疲れ様でした。
昴クンも3日間緊張していたんでしょう。
退院してからが大事です。くれぐれもお大事に。

投稿: すばるの相棒 | 2005年10月20日 (木) 00時10分

 こんばんは。
御疲れ様でした。
「ラブ母」様の言う通り、女性の方々は家におられると休めませんので、無理矢理にでも休んでください。

投稿: 学太郎。 | 2005年10月20日 (木) 00時20分

お帰りなさい!  
トマを、預けようとは考えていたのですが、たまには4時間ぐらいお留守番をさせようと考えたのです。   まぁ、天気もはっきりしなかったしね・・。  

暮れ(気が早い?)に向かって、預けるときが増えてくるので、そのときは、宜しくね!昴君^^  
急に、寒くなったし、休めるときに休んだほうが良いよ。  なんといっても、昴は、母が頼りなんだから・・。

投稿: トーマス母 | 2005年10月20日 (木) 08時58分

お帰りなさい~。
まずはゆっくり休んでくださいね。
昴君の見も心もゆだねて安心して寝てる姿が愛おしい!
うちのオットが何かにつけて「昴君の場合はどうなの?」と聞いてきます。
サークルの今の大きさとかいろいろ。その都度こちらを見せて「昴君はこうみたいよ」と説明してます。

投稿: ちゃん吉 | 2005年10月20日 (木) 22時32分

こんにちは、ご無沙汰しています!体調は如何ですか?無理しないで!は難しそうですが・・。ここで治療に一区切りが付けられるというのは喜ばしい事で・・。ゆっくりできる時はゆっくりとなさってくださいね。
昴君、愛らしいなぁ。きっと遊んだ後、やっと安心できる我が家にたどり着けて爆睡出来たんじゃないかなぁ。『かわいい!!』
さてさてうちのお馬鹿どもは、まだまだ仲が悪く時間をかけてこれからゆっくりと仲良く・・なるといいのですが『あま』も『らおん』も社会化不足で、出来るだけ沢山犬ちゃんとも触れ合わせたいのですが、これも共働きの宿命・・。時間にもかぎりがあり・・。我慢させる事も多くつい甘やかしちゃいます。家事をする時は犬専用のバックに『らおん』を入れてしています。じゃないと取っ組み合いを始めちゃうんで(悲)
唯一の楽しみは、こちらをひっそりと覗き見しては元気を頂いてまぁす。時には顔がゆがんでしまう事も(笑)
では、またお邪魔しますね (^O^)V 

投稿: アマラオ | 2005年10月21日 (金) 15時18分

ラブ母さま

いやいや、ご心配をおかけいたしました。
ラブ母さまのご意見に対し、うちのダンナがものすごく突っ込みたくてしょうがなかったそうです。
「うちの嫁さんは世界一家で動かない主婦なので、むしろ家の中にいる限り休めないと言うことはない」だそうです。
ええ、事実です。ちなみに昴も保育園で気疲れすると言うことはなさそうなので、コイツも単なる暴れ疲れのようです。
でも、ゆっくり休ませていただきました。ありがとうございます。

投稿: 真島サキ | 2005年10月22日 (土) 19時11分

すばるの相棒さま

いや~もう、疲れました(笑)
しかし昴は保育園で緊張などしなかったと思いますが・・・。もう慣れた場所ですし。
遊んで寝て遊んで寝ての繰り返しだったようで、まさにパラダイス。
身体のほうはもう大分よくなったのですが、腹の傷のところに大きな内出血のような青アザが・・・。

投稿: 真島サキ | 2005年10月22日 (土) 19時14分

学太郎さま

今年一番の難関をクリアしてまいりました。
しかし、ラブ母さまへのお返事でも申しましたように、ワタクシは世界一家で動かない主婦なので、無理せずとものんびりさせていただきました(笑)
おかげで昴は朝しか散歩に行けず・・・。コイツが一番とばっちりだったかもです。

投稿: 真島サキ | 2005年10月22日 (土) 19時16分

トーマス母さま

以前から言っていた治療もようやく終わりました。
あー、やっぱりトマは保育園来なかったのですね。
トマに会っていたら、絶対に何か言われるはずですから・・・(恥)
うちもまた年末に向けて保育園を利用することが多そうです。しかし、トーマスはともかく、シンバとは全然予定が重なりませんねえ・・・。シンバにも会いたいのですが。
ところで、本当に昴は母が頼りなんでしょうか・・・。最近それについて疑問を抱かずにはいられません。

投稿: 真島サキ | 2005年10月22日 (土) 19時20分

ちゃん吉さま

ご心配をおかけしました。これでワタクシはいつでもコタに会いにいけるというものです。
さあ、いつでもどこかに行きたいときはお誘いくださいませ。どーんと!
おや、ダンナさまは昴にご興味がおありですか?嬉しいですね。
サークルの広さは、面積的にはコタのおうちと変わらないと思いますが、うちは中にクレートを入れたことがないので、その分広いかも。
大きく違う点は、うちのは天井付きだということ。おかげで昴がデカくなった今でも、脱走することは不可能です(笑)
もしよろしければ、次は我が家へいらしてくださいな。

投稿: 真島サキ | 2005年10月22日 (土) 19時25分

アマラオさま

ご無沙汰しております。いやあ、これで辛かった治療も終わりですよ。これでホルモン薬の効果が完全に切れれば・・・!(これの副作用が辛い)
3~4ヶ月の頃、飼い主のちょっとした気配ですぐに飛び起きていたことを思えば、今の爆睡ぶりは嬉しいのですけれど・・・。あのままずっと保育園で暮らしていても、下手したら何の疑問を抱かなそうでこわいです。
あららら、アマちゃんとらおんくんはまだ仲良くならないのですか・・・。
柴犬としては驚くほど社会化が成功したと先生に太鼓判を押された昴ですが・・・。ワタクシがヒマ人だったからかも。
あ、じゃああまちゃんとらおんくんも保育園を利用してみますか?
ちゃんとスタッフが見ていてくれますし、問答無用にみんなの中に放り込まれますから社会化には最適かも。お値段も小型犬なら結構安いですよ。
ご興味がおありでしたら、保育園のことお教えしますね。フジタ先生の教え子も昴のほか、トーマス、シンバ、ショコラくんと4頭通ってますよ。

投稿: 真島サキ | 2005年10月22日 (土) 19時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112081/6474889

この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってきました:

« 柴男の宿命 | トップページ | 天国と地獄 »