« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月30日 (水)

運命の決断

昴の去勢手術が決まりました。
12月4日の日曜日に手術です。

昴を飼って7ヶ月。最初は「去勢なんかするモンか!」と思っていたワタクシとダンナ。
しかしその後、いろいろな情報を元に相談に相談を重ね、ついに去勢を決断しました。
決断した理由は2つ。
1つはやはり病気の予防。予防出来る病気ならば予防したほうがいいに決まっている。
2つ目は性的欲求のストレス防止。子供を作らせてあげられないのに、ヒート中の女子のフェロモン直撃を受けては大騒ぎするのは、やはり可哀想だ。
女の子が婿探しをするよりも、オスが嫁探しをするほうが遥かに難しい。ただでさえ柴ギャルに知り合いが少ない昴のお嫁さんなど、探せるべくもない。
ちなみに、ダンナは「マーキングは正直どうでもいいかと・・・」と言うし、ワタクシも「あんまりケンカっぱやい性格じゃないからなあ・・・」とは思っているけれど、このふたつの悪癖も治ればいいと思う。マーキング癖は飼い主次第か。

昴の行き付けの病院では、去勢手術は1泊2日で行います。
全身麻酔の危険性を減らすため、明日1日に手術前の検査を受け、4日に入院手術。5日に退院。ちなみにエリザベスカラー付き。
翌6日に消毒のために通院し、一週間後の10日(11日?)に半分抜糸。10日後の13日(14日?)に残りを抜糸して終了。
とまあ、普通の病院よりもかなり念の入れたスケジュールとなっております。ちなみにお値段は26000円ほどなので、それほど他病院と差はないのでは?
たった2~30分で終わるような手術だそうですが、やはりリスクがある以上念には念を入れて欲しいので、少々時間がかかってもこういうスケジュールは安心です。

昴の友達兼ライバルのバロンも、同時期に去勢手術の予定だそうで。
新たな「性」へと、一緒に生まれ変わりですね(笑)
とりあえず、もうすぐなくなってしまうタマを、今のうちに思う存分触っておこうと思います。写真にも撮っておいたし。
12月半ばには復活予定ですので、クリスマスは元気に過ごせそうです。

2005113001
↑自分の運命など、何も知らずに爆睡する昴。

知らぬが花だよね・・・。

本日の名犬度。とにかく無事に手術を終えて欲しい・・・。+30。

人気ブログランキング
↑昨日はシャンプーしに行った保育園で5回もフンチングした昴。出すぎだろ!便秘知らずの昴に応援を!

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2005年11月27日 (日)

初めてのラン

昨日のことでした。
午前中出かけたついでに、ふらりと思い立って、昴をドッグランへ連れて行きました。
最近運動不足だったし。
いつものようにプレイフルに行ってもよかったのですが、先日バロンの飼い主Jakarandaさまに教えてもらった神奈川県清川村のランヘ行くことにしました。
HPの地図で確認した場所をナビに登録し、いざ出発。
到着までの時間としては、プレイフルに行くのと同じくらいかな。

ランにつくと、まず黒ラブのまめちゃん(♀)とチワワのコロちゃん(・・・だったかな?♂)が歓迎してくれました。
お二人ともバロンのことご存知でした。
コロちゃんは身体は小さいのにものすごく強いです。何せ大型犬を何頭も引き連れて、ラン内を堂々と歩いているぐらいだから。昴も失礼をして怒られる。新人の洗礼。
昴は黒ラブのまめちゃんと仲良く遊んでもらいました。まめちゃんはラブラドールにしては少々小さい子だけれど、大人しくて可愛い1歳のお嬢さんです。

2005112701
↑昴とまめちゃん。

まめちゃんだけでなく、ラン内にいる他の子たちにも挨拶しに行って、遊んでもらう昴。
そして、何よりここのランで感動したのは、犬たちだけでなく、その飼い主さんたちもみんな昴と遊んでくれたということです。
「昴くんは他の子と上手く遊べるのね」と、褒めていただきました。
最近はすっかりランでは大暴走の問題児だったので、すごく嬉しかったです。

そのうち、また新しい子がやって来た様子。
すると、昴と遊んでいたまめちゃんが突然大喜びして飛び跳ねた。

やって来たのはまたしてもラブラドール。チョコラブのモナちゃん(♀)。まめちゃんの仲良しさんだそうです。
しかし、このモナちゃんの登場で喜んだのはまめちゃんだけじゃなかった!

なんと昴もモナちゃんに一目ぼれ!
その後はご想像通り、またしてもストーカーと化す昴。
またかよ、も~~~・・・。
お前、どこのランヘ行っても必ず1頭は大好きな子を見つけてくるな。

しかし、モナちゃんはまめちゃんにしか興味はないようで、昴のことなど見向きもしない。
まめちゃんにしか、というよりは、オスにはまったく興味のない感じ。
そんなモナちゃんにも一生懸命アピールする昴。尻に鼻をくっつけ、必死にマウンティング。そして怒られる。プリシラちゃんと一緒だ。
昴のアピールが激しければ激しいほど、飼い主は恥ずかしいのだが。
だが、モナちゃんもまたまめちゃんと遊ぶその姿は非常に激しい。いや、激しいなんてモンじゃない。
メスがメスにマウンティングする姿なんて、初めて見ましたよワタクシ。姉さんたち、すごい顔してるよ。

2005112702
↑モナちゃんの尻にひっつくコバンザメ。

モナちゃんはこの日、何故か他のオスにモテモテでした。一番のモテクイーン。
昴だけでなく、黒と白のアフガンハウンドくんにもモテモテ。しかしクイーンはつれない。
クイーンの行くところどこへでもついて行くオスども。モナちゃんのシッコの跡にみんなで鼻をくっつけたりして、悲しいなオスは。
黒とチョコ色のラブラドール、黒と白のアフガンハウンドに混じって、その中に埋もれてしまっている昴。しかし昴は別にそういう状態を恐れない。

「昴くんは大きい子を怖がらないのね~。何度もつぶされそうになってるのに」

まあ、そりゃ慣れてますからヤツは。

2005112703
↑モテクイーンを巡る攻防。

帰り際、「今度はバロンくんと一緒に来てね」と言われました。
バロンと昴の去勢手術が終わったら一緒に来ることを約束し、帰宅。とても感じのいい、素敵なランでした。
クリスマス前にもう一度来れるといいなあ。
何せ、ここの近くの宮ヶ瀬ダムには、日本一(と言われているけどホント?)のクリスマスツリーがあるんですよ。それが見たい。

本日の名犬度。去勢すればストーカー癖も治るかなあ。でもまあその他はいい子にしてたから+20。

人気ブログランキング
↑年の瀬で忙しくなってきました。風邪引いてる場合じゃないのに。ファイト一発。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2005年11月23日 (水)

ヤバイと思っていたけれど・・・

来る。

これは来る。

間違いない。

先週末、喉が痛かった。

今週に入って、顎の付け根のリンパが両側とも痛くなった。

―――これは間違いないだろう。

・・・と思っていたら、やっぱり来たよ!

風邪ひいた。

ワタクシは必ず風邪を引くと喉とリンパにきます。
これ、典型的な熱風邪のパターンですな。
そう言えば2、3年前、急性扁桃腺炎になって40度ぐらいの熱にうなされたっけ。大人になって40度も熱出すのはキツイ。
ま、今回はヤバイと思った時点で「早めのパブロン」したので、あんまり熱出てませんが。

というわけで昴よ。申し訳ないが散歩はカンベンしてくれ。
母ちゃん、いっぱい寝て早く治すから。

2005112301
↑「えー、マジかよー。っていうか母ちゃんいつも寝てるじゃん!」

本日の名犬度。昨日も散歩行けなかったら、またしても家の中でシッコとフンチングぶちまけ。だからどうしてトイレでしないんだよー!!-90。

人気ブログランキング
↑ホントは-100にしたいところだけれど、飼い主の都合で散歩に行けなかったのだから10点差し引いてやった。トイレを完全に忘れた昴にドスッと喝を一発。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2005年11月22日 (火)

not寒がり

寒くなってまいりましたね。
我が家でもとうとうこたつを出しました。
「全日本こたつ愛好会」会員であるワタクシは(嘘)、冬の暖房器具といったら何を差し置いてもまずこたつです。
去年は1ヶ月も前にこたつを出していたような気がするのですが、今年はワタクシの身体に今もしつこく残るホルモン治療薬の名残が「暑い」という季節感を無視した指令を出し続けていたので、こたつの登場がこんなに遅くなってしまいました。

さて、人間はすっかり寒さに耐え切れなくなってきたのですが、昴はどうなんでしょう?

柴犬は言うまでもなく日本に大昔から住んでいる犬ですから、日本の気候には一番適している犬種です。
なので、日本の冬にもフツーに適応出来るはず。
「犬は喜び、庭駆け回り」という、あの有名な歌も、ほぼ間違いなく日本犬、またはその血を引いた犬のことを指しているわけで(もっとも、うちには駆け回るような庭なんてないけどね。マンションだし)。
しかしまあ、最近の柴は軟弱者が増えているようで、飼い主を押しのけてストーブだのヒーターだのの前を占領したり、こたつにもぐりこんでくるような「猫かお前は!」と突っ込まずにはおれない柴もいるようですな。

たるんどる!!

我が家の昴先生を見習いたまえ。
現在の昴は、こんなところによくいます。

2005112201
↑こたつの角。

下にこたつ布団がありますが、何のことはない、ワタクシの真横という、これまでと変わらない昴の定位置です。
もちろん、相変わらずここにもいます。

2005112202
↑先日お伝えした、飼い主から奪い取ったお気に入りのビーズクッション。

こたつを出す前は床暖房を入れたりしていたんですが、あんまりその上では寝ませんでしたね。
床暖房の入っていない位置まで移動して、そこで寝てたりしてました。
昴は「あったかい」というのはあまり好きではない様子。毛布なども身体の上にかけるのを嫌い、必ず身体の下敷きにして寝てます。
最近久しぶりに昴のベッドを出してきて、ケージの中に入れてやったのですが、毛布はベッドの中にぐちゃぐちゃになったまま、昴の下敷きになっています。まあ必ずベッドの上で寝てはいるようですが。

柴はこれでもかっていうぐらいもっさりとしたアンダーコートを持っているわけですから、寒さに弱いはずはないのです。
このアンダーコートに飼い主は頭痛くなるほどに悩まされているんだから、これで「寒がりなんです」とか言われた日にゃ、丸刈りにしてやろうかと思うほどです。
昴が柴らしさを失わぬ犬でよかった。

・・・もっとも、昴も気温の一定したマンションでの室内犬ですから、外飼いが当たり前であった柴からすれば、軟弱な環境で暮らしてますけどね。

犬リンクに一気に7件追加。引きこもりなワタクシも犬友を増やしたい・・・。

本日の名犬度。冬生まれだから寒さは平気なのだろか。でも昴は温かい伊豆の生まれだけれど。+30。

人気ブログランキング
↑あまりの抜け毛の酷さに掃除機が目詰まり。どうにかしてくれー!掃除嫌いの飼い主にポチッと応援よろしく!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月20日 (日)

Hello,Again

先日当ブログにてコメントを残してくださったJakarandaさま。
この方は昴が相模原公園デビューした頃から遊んでくださった、昴の永遠のライバルであり初めての柴友達であるバロンの飼い主様であります。
そのJakarandaさまとバロンのお誘いで、今日は久しぶりに相模原公園へと行ってまいりました。
平日にちょこちょこと行ってはいたものの、こうして週末の夕方、所謂「お犬様タイム」に行くのは本当に久しぶり。
今、このブログを読み返してみたら、8月以来、実に3ヶ月ぶりの訪問でした。

実は公園に着く直前、車のテレビで観戦していた競馬のG1「マイルチャンピオンシップ」で(ワタクシ競馬が趣味でございます)、今年の秋シーズンのG1三連敗を喫し(菊花賞、天皇賞、マイルチャンピオンシップ)、かなりやさぐれておったのです。
しかし、公園の入り口ですぐにこちらに気づいてくださったバロンパパさんの笑顔に、そんなことは忘れました。
3ヶ月ぶりに会うバロン。すでに体重が11キロ弱だと聞いてはいましたが、実際に見るとやっぱりデカっ!
ですが、デカさ以上にびっくりすることが。

なんとバロン、リードを引っ張りもせずにママさんの足元について、お利口に歩いているではないか!

おおおおおバロンよ、数ヶ月会わないうちに随分大人になったんだな!
その横を、興奮してアホのようにぐいぐいリードを引っ張りながら昴が歩く。その差にワタクシ、穴があったら昴を埋めたいぐらいでした。
聞けばバロンもしつけの先生につき、チョークチェーンで引っ張りの矯正をしたのだとか。
昴もハーフチョークを使っているけれど、ちっとも効果が出ない。多少引っ張らないようになった程度で、前を歩くことには変わりがない。
やっぱりハーフチョークなどという中途半端なものではダメなのだ。バロンはチョークチェーンで1週間たたずに引っ張り癖が治ったというし。
というわけで、うちもチョークチェーンにしようと思います。フジタ先生、次のレッスンではこれを教えてくださいませ。

話がそれました。
3ヶ月前は顔をあわせればガウガウと取っ組み合いばかりしていた昴とバロン。
しかし、お互い大人になったのか、今日は妙に大人しく挨拶をしておりました。
でもまあ、何かのスイッチが入ると急にガウガウやり始めます。ドタドタ取っ組み合いをしたかと思うと、次の瞬間には仲良く並んでおやつをもらっている。
そこへ同じ柴犬のヒゴロくん登場。彼は昴やバロンよりは少し年上の10ヶ月。昴にとっては初めましての子なのですが、結構前からの相模原公園の常連さんらしいです。
バロンもデカいと思っていたけれど、このヒゴロくんはさらにデカい。柴3頭がガウガウやりながら大暴走しているその姿をそれぞれの飼い主が微笑ましく見守る。

が、ふと周囲を見渡せば、辺りの犬たちからは完全に引かれていた・・・。
当たり前だよ。怖いもん。

2005112001
↑柴3頭大乱闘。早すぎてブレブレ。

しかし、周囲の犬たちをドン引きさせる荒くれ柴たちですが、ヒゴロくんもバロンも人に対してはものすごーく愛想のいい、可愛い子たちなのですよ。もちろん、他の犬とだって仲良く遊べます。取っ組み合いは必ず相手を選んでやります。お利口。
おやつを手にすると飛びついてきますが、ちゃんと「おすわり」と言うとキチッとおすわりしてジッとくれるのを待っている。ふせだってする。
昴ほどアホみたいに全開の笑顔を浮かべるわけではないけれど、控えめな、でもとても嬉しそうな笑顔を浮かべてワタクシを見上げるバロンが可愛くてもう!

2005112002
↑バロンの笑顔。

しかし、そのバロンの横でワタクシのコマンドに一緒になってお座りもふせもしていた昴のことは全然目に入っていませんでした・・・。

相模原公園では、バロンの他にもたくさんの久しぶりのお友達に再会しました。

ともさんちのボクサー・ビービーくん。今日はちゅらちゃんではなく、フレンチブルのベイブくんが一緒でした。

昴やバロンにとってはお姉さん。黒柴のはるちゃん。

相模原公園の柴~ずのアニキ、ゴンちゃん。

穏やかなゴールデンのコータロー。

そして!昴の相模原公園での初めての友達であり永遠のライバルその1、ゴールデンのジャンボ!

今日もやりましたよ、ジャンボとのプロレス。アンタたちはいつ会っても変わらないわー。

2005112003
↑昴とジャンボ。

2005112004
↑こちらはバロンとジャンボ。

その他、たくさんの子たちと遊びました。
久しぶりにいろんな子たちと大暴れし、爆走し、昴にとってはとても楽しい時間でした。もちろんワタクシたちにとっても。
Jakarandaさま、お誘いくださいまして本当にありがとうございました。
お声をかけていただけなかったら、またしばらく行かなかったかもしれません。でも今日久しぶりに行って、本当によかった。
これからはもっと頻繁に足を運ぶようにしたいと思います。我々のためにも、昴のためにも。

で、今度は清川のランに連れて行ってくださいねー。

本日の名犬度。バロンを見習ってお前も引っ張り癖矯正じゃー!+10。

人気ブログランキング
↑しかし、それにしても相模原公園は柴ギャルが少ない。柴オトコは多いのになー。カモーン柴ギャル!彼女募集中の昴に応援を!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年11月18日 (金)

昴のお気に入り

ワタクシが昼寝するときは、一緒にベッドで寝ている昴ですが、ワタクシがリビングにいるときも大抵寝ています。
その時はダンナの指定席であるローソファーに寝ていることも多いのですが(ローソファーは2人掛けで、ダンナと昴はいつも隣り合って座っています)、ワタクシの座椅子の横に置いてあるここで寝ていることも多いです。

2005111801
↑これ。

このオレンジ色のビーズクッションは、元々座椅子でパソコンをいじりまくるワタクシの腰に当てるために買ったものなのですが。
いつの間にか昴はこれを己のものとしてしまいました。
お前にあげた覚えはないのだが・・・。

昴はビーズクッションのあの気持ちいい感触が完全に気に入ってしまったようで、よくこの中に鼻面を突っ込んでますね。
だからそれは母ちゃんのものなんだよ。お前のものじゃないんだよ。
昴はものに対して執着心がないので、何を取り上げられても怒りはしませんが(ご飯を取り上げようがおもちゃを取り上げようが同じ)、でもやっぱり気づくとここで寝ています。
それにもう、このクッションは昴の毛でまみれて、きったなくってしょうがないし。これを今更自分のものにする気力もない・・・。
というわけで、今はもう昴のものとしてあげてしまいました。
昴よ、優しい母ちゃんに感謝するがよい。

2005111802
↑こんなよだれ跡もいっぱいついてる・・・。

本日の名犬度。昴は本当に怒らない。でも単にものや食べ物に執着がないだけなのか。+30。

人気ブログランキング
↑やっと車が帰ってくるよ。でも代車のミラー壊してごめんなさい・・・。ガンバ飼い主!という方はこちらをポチッと!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月16日 (水)

百犬一首

我が敬愛する「ボシログ」さんで、「百犬一首」なる企画が立ち上がっておりまして、世露死苦柴ドッグに名を連ねる者として、ワタクシも参加してみることにいたしました。

2005116001

朝ぼらけ 我を呼ぶ声 たえだえに
あらはれわたる うちの馬鹿犬

権中納言嵩刃流

意訳
ほのぼのと明るくなる明け方に
とぎれとぎれに聞こえてくる私を呼ぶ声
そして激しい足音と共に現れるのは
うちの愛犬なる馬鹿犬であったことよ

「朝だ!起きろ!もう散歩に行ってきたぞ!いつまで寝ている!」

元歌
朝ぼらけ 宇治の川霧 たえだえに
あらはれわたる 瀬々のあじろぎ

64番 権中納言定頼

意訳
ほのぼのと明るくなる明け方に
宇治川にかかった川霧がとぎれとぎれになって
点々と現れてきましたよ
浅瀬の網代木が

これ、毎朝の日課なんですけど。
朝はダンナが昴の散歩に行くのですが、帰ってくるとこれ。
大概ワタクシはこの時間まだ寝ているのですが、普段ワタクシがどこで寝ているかを知った昴は、こうやって朝必ず寝ているワタクシを襲わなければ気がすまないようです。
寝室のドアが閉まっていると、ドアの前でいつまでも鳴き続けてますからね。
そして、大体いつも散歩後で大興奮しているので、散歩から帰って洗面所で足を洗った後、朝からものすごい足音と共に、猛ダッシュで寝室へ飛び込んできます。
その勢いのままベッドへ飛び乗り、ワタクシの顔を舐め舐め。ひどいときは興奮したままベッドの上で走り回り、ワタクシの身体を平気で踏みつけていきます(うちのベッドはシングルを2つくっつけているので、広いのです)。
毎朝こんなんで起こされているワタクシ。どんな目覚ましよりも強力。

しかし、大概はそのまま再び寝てしまいますが(笑)
そして昴も朝ご飯をテキトーに食べた後、ここで一緒に二度寝。ワタクシがベッドで寝ている限り、昴もベッドで一緒に寝ています。夜だけ別。

これが、毎朝の我が家の風景です。
幸せなのか、どうなのか・・・。

本日の名犬度。飼い主を起こすのはよろしい。しかし踏みつけていくとはどういうことなのか。±0。

人気ブログランキング
↑手術直後のハラのでっかい内出血の上を思い切り踏まれたときは殴ってやろうかと思った。そんなワタクシに応援よろしくです。

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2005年11月14日 (月)

昴の初旅行 番外編

すでに1週間も前のことを書くのもどうなのか、自分。昨日書こうと思ったら、夜ニフティが混み合ってて、アクセスできなかったんだもん。
でもちょっと思ったことがあったので、書かせてください。

軽井沢のレストランでの出来事なんですけどね。
そこは犬連れか、犬好きでないと入れないという、ある意味徹底した犬メインのレストランなんですけれどね。
最初に通された席の側に、大きなラブラドールがいました。いや、ラブラドールにしてはデカかったので、違う犬種かも。
ラブラドールが大好きな昴は大喜びで寄っていきます。向こうも尻尾を振っていたので大丈夫かと思ったのですが・・・。
突然、そのラブラドールくんが鼻に皺を寄せて激しく吠え出し、寄らば噛む!ぐらいの勢いで怒り出しました。
慌てて昴を引き離しますが、昴自身も相手の突然の豹変にびっくりして、弱々しく「ワン」と吠え返していましたが・・・。
向こうの方も慌てて犬を引き離し、「すみません!」と謝ってくださったのですが、そこへオーナーが飛んできて、我々の席を少し離れた席へと移動させてくださいました。

ここまではいい。問題はその後。

まだ興奮気味のラブラドールくんと、何とか犬をなだめようとする飼い主さんにオーナーは

「柴犬と相性の悪い子はいますからね。仕方ないですよ」

とおっしゃいました。

・・・なんか腑に落ちない。
昴は何もしていない。ただ、鼻先を近づけただけ。尻の匂いすら嗅いではいなかった。怒り出したのは向こうなのに。
その子は本当に柴犬が嫌いだったのかもしれない。それは確かに仕方がないこと。向こうの飼い主さんはとても感じのいい人で、帰るときまで我々に「すみませんでした」と頭を下げてくれた。もちろんうちも「こちらこそごめんなさい」と頭を下げた。
だから、相手の方に思うところは何もないのです。だけど。
変わった席が入り口の側だったため、その後も新しいお客さんが入ってくるたびに、「柴のワンちゃんがいますが、大丈夫ですか?」と聞いているし、うちの脇を通るたびに「お客さんが通りますから」と言ってくる。

オーナーは単に、お店に来てくれたすべてのお客さんに気を使っているだけなのだろう。
その証拠に、うちにもちゃんと色々気を使ってくれた。
だけどそこに、どうしても「柴差別」を感じてしまう。

何度も言うようだけれど、昴は別に何もしていない。
単に挨拶しようと近づいただけ。別に昴がケンカを売ったわけじゃない。
だけどやはり「柴」というだけで、そういう目で見られたり、「危険な犬」という扱いを受けてしまうのか。
もちろん、オーナーはそういうつもりではなかったのかもしれないけれど、ずーっと「柴がいますが・・・」と言われ続けては、そういうネガティブな思いに捕らわれてしまう。

椅子の上に座り、生まれて初めて食べる犬用ケーキをもしゃもしゃほおばり、犬がいっぱいいるので嬉しそうに笑っている昴。
自分が今、どういう扱いを受けているのか知りもしないで、アホみたいにヘラヘラ笑顔を浮かべている昴を見ていると、何だか哀れに思えてきた。
昴は柴だけれど、犬好きな柴です。他の犬を見ると挨拶しに行かねば気がすまないような犬です。
けれど、「柴」というだけで、相手に嫌われたりしてしまう。

2005113001
↑ヘラヘラ昴。

そう思い、何となくブルーになってくるワタクシ。ダンナにそのことを告げると、彼はこう言った。

「でもまあ、こういう場所で1匹だけ落ち着きなくて、隙あらば飛び出していこうとしてる暴れ犬は隔離されて当然かなって」

・・・そうかも。

だってこの時、ワタクシは左手で昴の首をがっちりホールドし、右手一本でご飯を食べていたんですもの。
それもこれも、昴が他の犬のところへ飛び出していこうとするから。

いつになったら、ドッグカフェでじっと大人しくしていられる犬になるのでしょうか。

2005113002
↑そのレストランで、オーナーが撮って下さった記念写真。

本日の名犬度。柴差別に負けるな昴!±0。

人気ブログランキング
↑車検中の愛車代わりの代車のミラーを、ダンナが壊した。ブルーになってる飼い主にしつこく「遊べー!」と絡んでくる昴。少しは空気読めよ!そんな飼い主に応援よろしくです。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2005年11月11日 (金)

昴の初旅行 その3

2日目です。
7時にセットした目覚ましで全員同時に起床。昴を連れて、宿の裏を通っている自然遊歩道を歩いて散歩。
宿を出たところで、オーナーとその愛犬・ゴールデンのノアくんとばったり。
ノアくんはさすが宿の看板犬だけあって、とても愛想のいい、懐っこい犬です。昴の好きそうな犬だ。
案の定、昴はノアくんにじゃれつき、しばらく遊んでもらいます。昴が何をしても怒らない、温和なノアくんでした。

散歩から帰ってきて宿をチェックアウト。
この日は前日の晴天が嘘のようなどんよりとした曇り空。さて、今日の予定はどうしようか・・・としばらく考え、草津スキー場の横を通って草津白根山を登り、そこから万座・嬬恋を経て軽井沢へ行き、そして帰ろう、ということになりました。

草津の豊かな温泉の源である白根山。いつ行ってもものすごい硫黄の匂いです。
ちなみに、昨日から峠道に入るとケージの中で立ち上がり、転げないよう踏ん張っていた昴。

2005111001
↑踏ん張り中。気を抜くと転がる。

ケージがデカイのです。だから中でゴロゴロ転がってしまうのです。最近昴がケージを嫌がるのはもしかしたらこれが原因かも。
ケージの件は後々考えるとして、白根山へ登るにはずっとグネグネの山道です。さすがに転がりっぱなしなのは可哀想か・・・と思い、山道の間だけはワタクシが助手席で抱っこしていることに。
今は抜け毛の季節なので、毛が舞い散るので抱っこは極力避けたかったのですが、しょうがない。

しかし、天気が悪すぎて何も見えません。雲と霧の中、前方すらロクに見えずに危険。
途中で止まって、山の下を見下ろすものの、何も見えない。天気がよければ、綺麗に染まった紅葉の草津が見られるはずなのに。

2005111002
↑「何も見えないぞー」

白根山山頂にある『湯釜』への登山口へ到着。
ここから山頂まで登ってみることに。
何故か張り切りまくる昴。母ちゃんが観光客のおっちゃんおばちゃんたちから「写真撮ってもらえますか?」と言われてカメラを受け取っていると、「早くしろー!」とばかりに吠える。
「ごめんねー。お母さん借りちゃって」「もうちょっと待っててね」「お利口なのね。お母さんが捕まったってわかるのね」と、口々におばちゃんたちに言われてるじゃないか。わがままも大概にしなさい。
仕切りなおして、いざ登山。
そしてやっぱり途中何度も立ち止まっては休んでいる体力最低のワタクシ。そのたびにダンナに連れられている昴がワタクシを振り返って

「だらしねーなー」

という顔で見つめてくる。・・・悪かったな。お前みたいに若くないんだよ。
しかし、元気よく登山道を登る昴は観光客の注目の的でした。
あちこちからかかる「かわいー!」の声。当人も何やら誇らしげ。やっぱりこういう場所に柴はよく似合う。

ヘロヘロになりながらも火口に到着。

ここでもきっちり『昴参上!』と己のシッコで大書きし、満足気な昴を抱えて記念撮影。

2005111003
↑横のデブい人は気にしないように。

2005111004
↑ホントは後ろにエメラルドグリーンの火口の湖が見えるはずなのですが・・・。

「見てー、犬も記念撮影してるよー」と大注目を浴び、再び「かわいー」の声を聞きながら下山。今度はワタクシもスタスタ歩けますよ。

そして草津を後にし、万座・嬬恋を経て軽井沢へ。
何故にわざわざ軽井沢へ寄ったのかといえば、軽井沢には犬と入れるレストランがやたら多いからです。さすがリゾート地。ちなみに草津は「温泉街」であり、「リゾート地」とは言わない。
だって昴は結局夜も朝もほとんどご飯を食べなかったから。こういうところに出かけた時ぐらい、めったに食べられないものを食べさせてあげてもいいじゃないか。
というわけで、軽井沢のとあるレストランでお食事。ここにつく頃には雨が降り出してきたのですが、まあ気にしない。もう後は帰るだけだし。

というわけで、昴の初旅行はこうして終了しました。
帰りの関越で渋滞にはまりましたが、無事7時半頃には帰宅いたしまして、その後はみんなでのんびり。疲れたので早めに就寝。
犬を連れての旅行というのはなかなかにお金がかかるので、貧乏な我が家はそうそう行けないような気がしますが、またお金に余裕が出来たら昴を連れて旅行に行きたいと思います。
昴だって家族だからね。やっぱり一緒に行けるなら連れていきたいですし。
犬の寿命は人間に比べて短いです。だからこそ、出来る限りたくさんの思い出を作りたい。そう考えるワタクシでした。

ま、昴にとっては保育園で留守番しているほうが楽しかったりするのかもしれませんけれど。

本日の名犬度。昴にとっても思い出になっているといいな。+30。

人気ブログランキング
↑手術も終わったので、本格的にダイエット開始した飼い主に応援を!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年11月 9日 (水)

昴の初旅行 その2

さて、宿です。
実は草津には、ペットと泊まれる宿はそれほど多くはありません。
しかも、2日前になって突然旅行を決めたものだから、大体はどこもすでに満室。しかも我が家は貧乏。
そんな中、我が家が選んだ宿はこちら。フラットレット草津

こちらの宿はマンションタイプのコンドミニアムでして、食事とお風呂はつきませんが、その分お安いのが特徴。
まあ、食事がつかないと言っても、周りにはいくらでもレストラン等がありますし、部屋まで出前も出来ます。キッチンもあるので自炊も可能ですが、コンロが1つしかない上に電気コンロなので、あまり料理には向かないかも。
ちなみに我が家は食材と鍋を持ち込んで、すき焼きにしました。鍋系が一番ラクかと。
お風呂に関しても、HPから予約をすると近くの温泉の割引券がついてくるので問題ないです。
・・・いや、ひとつだけあるな。この割引券がもらえる温泉がどこも終了時間が早いのですよ。なので、何度も温泉につかりたいと思う温泉マニアの方には物足りないと思います。
ただ、温泉等に出かけるときには、フロントで犬を預かってもらえるので、この点は非常に助かります。

お部屋は完全独立タイプで24時間出入り自由。
ペットが泊まる部屋の宿命か、多少匂いがありますが、犬を飼っている方なら慣れた匂いかと。部屋自体は綺麗です。
消臭剤や粘着テープ、足拭きタオルや掃除機など一通り揃ってますので安心です。
家族だけのプライベート空間が保持されますので、他の犬とイマイチ仲良く出来ない・・・という子にはうってつけの宿だと思います。
ペンションとかだとどうしても、他の犬と接触しますからね。

さて、そんな宿で昴はどう過ごしていたのでしょうか。

2005110901
↑「・・・ここどこ?」

やはりどうも落ち着かない様子。不安げな顔をしています。
何故だ昴。お前保育園は全然平気じゃないか。飼い主様が一緒だと言うのに、何がそんなに不安なんだ。
部屋中の匂いを嗅いで、ここがどこかを把握しようとしている昴。
昴は他の犬のシッコの匂いに反応してシッコをするという、完全なるマーキング癖がついてきているので、ここでもいきなりシッコしやしないかとヒヤヒヤしていたのですが、外で散々してきたせいか、最後まで部屋の中ですることはありませんでした。ホッ。

しかし、やはり知らない場所で緊張しているのか、ご飯をまったく食べない昴。・・・保育園ではガツガツ食べるのに。
まあ、ダンナの実家や母の家に連れていったときも食べなかったから、予想はしていたことだけれど。
なのに、我々が食べているすき焼きは欲しがるんですよね・・・。やらないっての。

2005110902
↑「すき焼きもらえなかった・・・」(自分ちのような散らかしっぷり)

草津は寒いので、リビングとダイニングの間のドアは常に閉めていたのですが、トイレに行ったり、冷蔵庫の中のドリンクを出しに行くたびに、ドアを開けるわけですよ。
そうすると、何故か昴は猛ダッシュで部屋を飛び出し、玄関ドアにへばりつくのです。
何してんだ昴。外に行きたいのか?
それとも、外から感じる他の犬の匂いが気になるのか?
まあ落ち着け。言っても無駄か。

2005110903
↑「この外には一体何が?」(暗くてすみません)

さて就寝。
しかしここで、昴にとって悲しい現実が。
最近昴は家で、ワタクシと一緒にベッドで寝ることが多いのです。夜は自分のケージで寝ていますが、ワタクシが昼寝するときはいつも寝室までついてきて、一緒に昼寝。
なので、この時も当然とばかりにベッドの上へと飛び乗ってきたのですが・・・。

大概の宿がそうであるように、ここもソファやベッドの上にペットを乗せることは厳禁。
なので昴はベッドに飛び乗るたびに、ワタクシやダンナに「ダメ!」と追い落とされます。
家ではOKなのに、どうしてここではダメなのかわからない昴は、何度も何度もベッドの上に乗りますが、そのたびに下に降ろされ・・・。
そんな悲しそうな目で見るなよ。しょうがないんだよダメって決まってるんだから。
お前の寝床はほら、そこに作ってやっただろう。ベッドの足元に敷いたお前の布団。ほら、そこで寝なさい。え、ヤダ?

2005110904
↑「なんでベッドに乗っちゃダメなの?」(横に見えるのはワタクシの足)

しかし、結局最後は仕方なく自分の布団の上で寝ておりました。

昴にとっては微妙に楽しくなさげだった宿での生活。
飼い主的には安いし気楽だし、結構いいと思ったんですけどねー。
初めてだからしょうがないのかな。それとも、どこへ行ってもこんな感じなのか。
そう言えば、我々が温泉に行くときに昴をフロントで預かってもらったのですが、帰ってきたときにオーナー婦人に

「昴ちゃんは柴なのに、すごく人にも犬にも懐っこいんですねー」

と言われました。
まあ、確かに昴はそういう犬ですが。
どうやら、ずっとオーナー婦人にじゃれついていた模様。ま、褒められるのはいいことだ。
おそらく、昴にとってはコンドミニアムよりもペンションのように、他の人や犬と触れ合える宿のほうがいいのかもしれませんね。
ただ、今は興奮すると全然制御がきかないので、飼い主的には不安があるのですが。
もう少し大人になって落ち着いたら、ね。

次回は二日目の模様をお伝えいたします。

本日の名犬度。旅行の話とは全然関係ないけれど、今日はワタクシの横で何度も激臭スカッペをぶっ放しおった。-50。

人気ブログランキング
↑まだまだ続くよ旅行話。今日も応援よろしくです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年11月 7日 (月)

昴の初旅行 その1

無事帰ってまいりました。今日は昨日の雨が嘘のようないい天気ですね。

昴の初旅行となりました1泊2日草津の旅。いや、色々ありました。
長いので、数回に分けてお話したいと思います。

初日。
出かける前はいつものようにテンションの高かった昴ですが、珍しく車の中で騒ぐことはなかったです。
いつもはケージの中に入れられっぱなしなのがイヤで、「早く出せ!」と大騒ぎなのですが・・・。
いつもとは違うことを感じ取っているのか?

多分違う。単に昨夜ダンナが帰ってくるのが遅くて夜更かししたから眠いだけだ。

途中、関越自動車道の高坂SAのドッグランで気分転換に少しだけ走り回り、また車の旅へ(この時、写真を撮るのを完全に忘れていた←バカ)。
それにしても、この土曜日は暑かったですね。半袖の人もいたぐらい。
しかし、この「今日は暑い」という思いが後でバカを見る羽目になります。

関越道・渋川伊香保ICを降り、一路草津へ。
途中道がいきなり渋滞したので何かと思えば、国道脇の渓谷の紅葉を見に来た観光客が車を止めるために起きていた渋滞でした。

2005110701
↑車中から撮った紅葉。

上の写真ではイマイチその綺麗さが伝わらないのですが、群馬の山中ではもう紅葉がとても綺麗でしたよ。
土曜日は天気がよかったから余計に。

そんなこんなで3時半ぐらいに無事草津到着。
草津は学生の頃からスキーや温泉によく訪れていた場所です。初めてスキーをしたのも、ここの草津国際スキー場でした。
そんな思い出のスキー場に、オフシーズンには無料のドッグランが開設されていると聞き、緑のスキー場へと向かったのですが・・・あれ、どこにもない?
案内所で聞くと、ドッグランは11月3日で終わってしまったのこと。なんてこったい!
でも、せっかく来たのだから、少しだけ昴を遊ばせてやりました。長時間のドライブでストレスたまってるだろうし。

2005110702
↑走り回る昴。

早すぎて新カメラであっても捕らえきれず、ブレブレですが、疾走感は伝わるかと。
リードを少しだけ離してみたものの、正直ものすごく不安。山の中へ突っ走っていきそうで。
そうなれば間違いなく遭難確定。他に犬がいなくてよかった。

しかしですね、やっぱり草津は寒かったです。
未だホルモン治療薬の副作用が完全に抜けず、しょっちゅう「ほてり」が起きて汗をかいているワタクシは、イマイチ気温の変化に疎くて、うっかり長袖TシャツとGジャンという軽装で行ってしまったためずっと寒さに震える羽目に。

その後、宿にチェックインしました。
宿の話は次回書くとして、夕方までまだ時間もあったので、昴を連れて西の河原まで散歩に行くことに。

2005110703
↑西の河原と昴。

2005110704
↑ここでも匂い嗅ぎに夢中。

こんなとこ歩いてる犬は昴ぐらいでしたが、温泉街に柴は似合うな!
やっぱりここでも温泉客のおっちゃんに人気の昴でした。

しかし、宿から西の河原まで結構な距離があり、しかも帰りはずっと上り坂。
体力が人間として底辺を彷徨うワタクシはもう死にそう。汗も大量にかき、寒いと言っていたことなど完全に忘れておりました。
宿に帰ってきてGジャンを脱ぐと、襟元が汗で濡れてました。温泉前にいい運動でした。

今回はここまで。次回は宿について語ります。

本日の名犬度。車で大人しくしていたので+30。

人気ブログランキング
↑久しぶりの温泉を満喫。硫黄の香りをあなたにもお届け。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年11月 5日 (土)

初旅行

本日は結婚記念日です。ワタクシの誕生日の1週間後が結婚記念日と言う怒涛の記念日ラッシュ。
しかも、今年で満10年目を迎えることが出来ました。随分早くに結婚したんだなあ、自分。

「スイートテンダイヤモンドなどいらん」と言い切ったワタクシ。宝石に興味がないわけではないけれど、同じ金をかけるなら他のものがいいのです。
というわけで、急遽1泊で旅行に行くことになりました。
行き先は草津。温泉つかって、紅葉も見てきます。

この旅行に昴を連れて行くかで少しだけもめたのですが、やはり一緒に連れて行くことにしました。
昴、初めての旅行です。
昴用の旅支度も整え、明日・・・いや今日の朝を待つばかりです。
旅行のレポは、帰ってきてからお届けいたします。

2005110501
↑おでかけおでかけ♪

・・・しかし。
現在5日の午前0時半になろうかとしているのですが、未だダンナが帰ってきません。
「帰ります」の連絡もありません。
こんなんで、今日の朝無事に出かけられるのでしょうか・・・。

本日の名犬度。ペットショップに買い物に行くついでに、そこの近くの公園に立ち寄ったら脱走しやがった。-40。

人気ブログランキング
↑初旅行の無事を祈願して、ドスッと一発。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月 3日 (木)

デジカメ

先週の週末のことですが、新しいデジカメを買いました。
ワタクシの誕生日プレゼントと言うことで。まあダンナも使うのですけどね。

実は我が家は、昴が来るまでほとんどカメラと言うものを使いませんでした。
だって撮るものないし。子供がいるわけじゃないし、お互いを撮ってもしょうがないし、別にカメラが趣味なわけでもないし(ちなみに義父母は定年後カメラにハマりました)。
以前はハムスターがいたので、奴らを撮る程度。なので我が家にあったデジカメは、本当に初期型のデカくてふるーいヤツでした。

ですが、昴が我が家に来た頃、そんな時代遅れのデジカメしかないと言ったら、妹にすごくバカにされまして。
妹だって子供が出来たからデジカメだのビデオカメラだのを買い揃えたくせに。
まあ確かに、そんなデカいカメラでは持ち歩くのも大変だ、と思い、妹とまだチビチビだった昴を横に従え、ダンナがその場でヤフオクをあさり、手頃な中古デジカメを落札したのでした。

で、これが今まで使っていたデジカメなんですが、さすがにカメラ素人がテキトーに選んだだけあって使えないシロモノで。
何せシャッタースピードは遅いわ、手ぶれ補正はないわで、素早く動く動物を撮るにはまったくと言っていいほど不向きなカメラでした。
撮った写真の半分以上がブレブレという、メモリの無駄にしかならないカメラ。
そんな使えないカメラに嫌気がさしていたので、金もないのに思い切って購入となりました(ボーナス一括払い←貧乏)。

で、買ったのがこちら。

これよりも1ランク上の商品が出ていましたが、違いと言えば500万画素か600万画素かの違いだったので、こちらに。
もーさすがですね!
以前は、

2005110301
↑こんな写真を撮るだけでもこのブレ方だったんですが、新しいデジカメでは、

2005110302
↑こんな感じ。
素晴らしい!ハラショー!1枚もブレた写真がないって素敵。

さあ、昴よ動け!お前の躍動感を全てこのカメラに収めてやろう!

2005110303
↑「ボケー・・・(寝起き)」

・・・そんな時に限って、この程度しか動かない。
仕方ない。今日は休みだし、プレイフルでも行ってくるか。

本日の名犬度。動くなっちゅー時に限ってちょろちょろするんだから。±0。

人気ブログランキング
↑上の写真は見苦しいものが写っていて申し訳ありません。ハレンチ昴に応援を。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »