« 恐怖の午後 | トップページ | 初泳ぎ »

2006年8月19日 (土)

ぼくのなつやすみ

今日は生まれて初めてTMRのライブに行ってきたぜ!こんばんは、真島です。
お久しぶりの更新になりました。ごめんなさい。

さて、今週は3日間だけダンナが夏休みを取れました(正確には、土日を含めて5日)
なので、昴を連れて夏休みレジャーへ。
行き先は長野。その名も「ビーナスライン」と呼ばれる中部地方屈指の絶景コースへドライブ。ええ、日帰りで。
金がない&お盆でどこも予約が取れない&うっかり予定が入りすぎて暇がないという3重苦によるためです。

ワタクシにとってはびっくりするぐらい早起きして、いざ出発。
初めはあまりにも金がないので、高速を使わずにずっと一般道を通っていくことを計画していたのですが、金がない以前に体力も根性もなくなっていた我々は、あっさりと高速に乗る。
・・・学生時代は出来たんですけどね、こういうドライブも。あの頃は無駄に体力あったから(しかし、学生時代のほうがバイトばかりしていたので金があったというのは内緒)
そしていつもは車に乗るときはトランクに置いてあるクレーとの中というのが常であった昴ですが、今日はロングドライブなので、一緒にドライブしている気分を味合わせてやろうと、以前購入していた犬用シートベルトを後部座席に装着し、そこに座らせてやります。

・・・でも、どうやら失敗。

2006081901
↑こんな顔してる。

これまでも使ったことがなかったわけじゃないこのシートベルトですが、どうも今日のようなロングドライブでは逆に疲れるようです。
まだあんまり慣れていないというのもあるのでしょう。
仕方なく、途中でクレートに入れてやります。

2006081902
↑やっぱりこっちのほうがラクらしい。

そして車は一路ビーナスラインへ。
途中蓼科で昼食を取ります。ここにワタクシがあらかじめ調べておいた、犬と一緒に入れるお店があるからです(テラス席のみですが)。
とてもいい天気だったのですが、さすがに高原は涼しい。テラス席がとても気持ちよかったです。
このお店は手作りパンと手作りピザが売り。しかし非常に有名なお店なのか、お昼時にはもうパンはすべて売り切れていました。
レストランのほうも2時過ぎでも常に満席で、駐車場には車がひっきりなしに入ってきます。
我々はちょうど運がよかったのか、駐車場もレストランの席も待つことなく、すんなり入れたのですが、ちょっとでもタイミングがずれたら駐車するだけでもひどく待たされたかも。

2006081903
↑レストランに犬用メニューはないけれど、飼い主のおやつがある。

ピザはそれなりにおいしゅうございましたよ。
(しかし、伊豆下田でワタクシの知人がやっているピザ屋のほうが美味しい気がする・・・)

2006081904
↑そしてお店の看板前で記念撮影(いつも前向かないし・・・)

ちなみにこのお店、雑誌で見つけたのでここにご紹介できません。
でも、「犬とお出かけ」みたいな雑誌には必ず載っていると思うので、探してみて下さい。

食事後、我々は白樺湖を通り、車山高原へ。
スキー場としても有名なこの地は、夏場でもものすごい混み具合でした。
何故なら、スキーのリフトを利用して頂上まで行け、そこからのロケーションが素晴らしいからでしょう。
大概において、リフトは10キロ程度ぐらいまでの犬ならば抱っこして一緒に乗ることが出来ます。
(ちなみに車山のリフト券売り場には「柴犬サイズまで」と書かれていた。でも10キロを越える巨柴はどうなるんだろう・・・)
というわけで、昴もリフト初体験!

2006081905
↑「これからこれに乗るんだってさ」

乗る前は勇ましかったのですが・・・

2006081906
↑やっぱり固まってる。

用心のため、例のシートベルト用のハーネスをつけ(普段はハーネスなど使わないのですが、このハーネスは身体を広い布地で覆っているので、いざ落ちたときでも身体を支えてくれて便利)、ダンナが抱っこする横からワタクシもハーネスをがっちり掴んでおりました。
が、それでもガタンガタンと揺れるリフトにいちいち驚く昴。頼むから暴れないで欲しい。

リフトを2回乗り継ぎして、ようやく頂上へ。

2006081907
↑恒例の記念撮影。

やはり昴は山が好きなのか、こういうところへ来ると大喜びです。
なので、帰りはリフトの中継地点まで歩いて降りることに。

2006081908
↑張り切って歩く昴。

・・・いや、昴は楽しいだろうけどね。
道が岩場ばかりで、降りるの結構大変。下りのほうが体力使うってホント。
リフトの中継地点まで降りてきたときには、膝が笑ってましたよ。

そして、またここからリフトに乗ります。

2006081909
↑凛々しい横顔だけど、実際は緊張してるだけ。

帰りは見事にお盆の渋滞にはまり、帰りが12時近くなった我が家。
翌日、見事に筋肉痛になったのは言うまでもありません。

あ、昴の夏休みはまだまだ続くようですよ。

本日の名犬度。やはり柴犬を連れて行くなら山。山犬だから大喜びしますし、何より注目を浴びる率が違います。+50。

人気ブログランキング
↑翌日にすぐ筋肉痛が来たということは、ワタクシもまだまだ若いようですな!痛みと引き換えに自信回復の母ちゃんにドスッと応援を!

|

« 恐怖の午後 | トップページ | 初泳ぎ »

コメント

昴くん、何を着てるんだろう?と思ったら、
ハーネスだったんだ。金太郎みたいでかわいいですよ。(嬉しくないってね)

へぇ~いいところそうですね。
元アウトドア派?の私たちは、けっこう惹かれますよ~~。
リフト、乗ったんですねぇ!
犬と乗るリフトって、かな~り注目されますよね。観光客の皆様の思い出のヒトコマになったんじゃないかなぁ。伊豆で茂吉と乗ったリフトの上はアスファルトだったので、こっちの方が犬は楽しそうですね。

投稿: akko | 2006年8月21日 (月) 13時43分

ご無沙汰しています。

記事を読んですごいニアミスだったので、びっくりしています。我が家は12日から16日まで、蓼科に行っていたんですよ。しかも、白樺湖の近くに滞在していました。今回は行きたいところがありすぎて、いつも行く車山には行かなかったんですけどね。
しかし、日帰りとはすごい。我が家からは、渋滞なしで約3時間半かかりました。
渋滞覚悟だったのですが、ピークは15日だったみたいで、帰りもはまらずに済みました。

下田のお店、是非今度教えて下さい。

投稿: ぽんず | 2006年8月22日 (火) 18時00分

きゃぁ~~~~~!!
いいっ!
いいわっっ!
「リフトに乗って固まる柴犬!」
うちの親分にも是非とも経験してもらいたいっっ!
あ、日頃の憂さ晴らしをしたいわけじゃ、、、ないのよ。

でも、リフトに乗って暴れたらどーなるの?

追伸:コントローラ握る手は腱鞘炎になってない?(笑)

投稿: gabo | 2006年8月22日 (火) 21時53分

akkoさま

ホント金太郎みたいでしょ、このハーネス。
これは犬用シートベルト付属のハーネスです。課胸から腹にかけてをベルトではなく布で覆うので、犬にとっても負担が少なくてよいです。

車山に限らず、スキー場にオフシーズンに行くのは結構お勧めかと。
車山は頂上からの見晴らしもいいし、ビーナスラインはどの季節でも気持ちいいと思うので是非どうぞ。
ちなみにもっきーの行った伊豆大室山は秋になったらうちでも行こうと思っております。

投稿: 真島サキ | 2006年8月25日 (金) 22時12分

ぽんずさま

ええっ、ぽんず家もその日蓼科にいたんですか!?
おお、本当にニアミス!!
しかし、蓼科も結構混んでましたね。さすが観光地。
うちも本当は泊りがけで行きたかったんですが・・・。金もなかったし、おまけに毎年ダンナの夏休みってギリギリになるまでいつ取れるかわからないのですよ。
なのでお盆の時期に宿の予約を取ること自体が難しいのです・・・。

伊豆下田の知人のピザ屋は、今ではテレビにも出て知る人ぞ知る店になったようですが、下田の観光地ではなくかなり辺鄙な場所にあるので、ちょっと見つけにくいかもしれません。
また、特に犬同伴OKとなっていないのですが、野外席もあるのでそこなら大丈夫かも。
お店の名前は「いしがまや」さんです。学生時代のダンナとワタクシの共通のバイト仲間がやっております。石釜で焼いているので、味は保障します。
HPはこちら。http://www.ishigamaya.com/です。
でも、ワタクシの本名を出さないと、ワタクシたちのことは通じないと思いますので(笑)

投稿: 真島サキ | 2006年8月25日 (金) 22時18分

gaboさま

車山のリフトは、それほど高さはなかったので、落ちてもひどい怪我はしないかもしれませんが、パニック状態で山へと逃亡してそのまま行方知れずになる可能性が大です。
この大自然を是非とも親分にも体感していただきたいですが、やはりリフトは難関でしょうか・・・。
いや親分にとって、というよりも、gaboさま&tarさまにとってか(汗)

ゲームですが、腱鞘炎再発の危険性が現在高まっております。
実は以前のブログで書いたゲームはシミュレーションゲームだったので、特に手を酷使することもなかったんですが、1週間ほど前から歴史アクションゲームに突如はまってしまい、右手も左手も酷使している毎日です。
これでホントに腱鞘炎が再発したら笑ってやってください。

投稿: 真島サキ | 2006年8月25日 (金) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112081/11515541

この記事へのトラックバック一覧です: ぼくのなつやすみ:

« 恐怖の午後 | トップページ | 初泳ぎ »