« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月18日 (月)

怒りの矛先

「秋味」のCMが始まると秋を感じます。こんばんは、真島です。
でもビールは苦手なの(酒自体は苦手ではない。アルコール耐性は結構強い)

さて、今日も今日とてゲーム三昧。
現在夢中になっているのは戦国アクションゲームであります。
そもそもがゲーマーなワタクシでありますが、普段シミュレーション系ばかりやっているので、アクション系にハマッたことなど本当に久しぶりのこと。
しかし、アクション系はシミュレーションよりも集中力を必要とするために、その他のことがいつも以上におろそかになっております。

さてさて、そんなワタクシの現在の操作キャラクターは、前田利家が妻・まつ。
大河ドラマでもお馴染みのこのお方、ゲームの中でも才色兼備・良妻賢母な女性でございます。敵味方問わず「お嫁さんにしたい女子ナンバー1」なまつ殿でありますが、その実態は夫を完全に尻に敷き、甥っ子を完全にひれ伏せさせるという戦国最強主婦。まつ殿がいなければ、前田家の生活は成り立たないぞ。
そんなまつ殿が夫とその部下である前田軍を従えて乗り込んでいった先は、なんと本能寺。待ち構えるは当然織田信長率いる織田軍。
実際には前田家は織田家の家臣なので、織田軍に戦いを挑むことはあり得ないのですが、そんなことはゲーム上関係ありません。
強力な鉄砲隊を擁する織田軍の兵を片っ端からなぎ倒し、森蘭丸、濃姫といった強敵とのタイマンに競り勝った戦国最強主婦。
しかしながら、そんなカリスマスーパー主婦まつ殿であっても、さすがに戦国最恐・第六天魔王織田信長相手では分が悪い(単にレベルが低いだけとも言う)
まつ殿はもう瀕死だ。しかし、敵もまた瀕死。ここは一瞬でも気を抜いたほうがやられる。
魔王を倒せばこのマップはクリアだ。頑張れまつ!利家も慶次も応援している!

しかし、敵は思わぬところに潜んでいたのであります。

「なあなあ母ちゃん、遊んでくれよ~」(右腕ちょいちょい)

わっ、バカ!いきなり何すんだ!?

「なあ~俺ちゃんもう退屈で死にそう~~~。遊んでくれよぉ~~~」(右腕ガスガス!)

わっ、わっ!!バ、バカこんな時に・・・って、あっあああああーーーーーー!!!

「犬千代さまああああああ!!!!!」(断末魔)

まつ、討死―――

・・・・・・・・・

す・・・

昴ぅ~~~~~~!!!(怒)

2006091801
↑「遊んでくれるの!?」

・・・・・・・・・

この握り締めた拳は、一体どこへ向ければいいのでしょうか・・・?

「リトライしますか?」

―――あとでね(泣)

本日の名犬度。いつもいつも我慢して大人しくしてるわけないじゃん!そんな聞き分けのいい犬だったら飼い主も苦労しないよ。-50。

ちなみに、母ちゃんが夢中になっている戦国アクションゲームは『戦国BASARA2』
戦国と銘打っていながら、歴史をすがすがしいほどに無視しまくった、バカバカしいほどあり得ないキャラクター設定と、アクションゲームが苦手でもボタン連打でゴリ押せる簡単なシステムがたまらなくツボです。

人気ブログランキング
↑そんな昴は金曜日に保育園でシャンプー保育。その間母ちゃんも美容院へ。お互いにすっきりしてきた母ちゃんと昴にドスッと応援を!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 9日 (土)

1人カラオケ

マクドナルドに月見バーガーが出ると秋を感じます(でも食べたことない)。こんにちは、真島です。
9月に入って涼しい日が続いておりますね。しかし雨だから気温が低いだけなので、イマイチそのありがたみを感じられません。雨嫌い。

さて、日中昴と2人だけで暮らしている我が家。
しかし、何故か日々結構騒がしいのですよ。しゃべる相手もいないというのに。

昴相手に独り言?
ん~、そういうこともありますが、ず~っとってわけでもないですね。

では、電話魔?
一旦電話が始まると長いワタクシですが、基本的にはあまり電話はかけないほうです。昔は電話魔でしたが。
今は面倒。ちなみにメール不精でもあるので、パソコンメール問わず返事が遅いワタクシ。ますます友達なくします。

では、何故に我が家は日々うるさいのか。

答えは、ワタクシの趣味にあります。
日々1人でカラオケしてるから。

カラオケと言いましても、我が家にカラオケグッズがあるわけではなく、単純にずっと音楽を流していて、それに合わせてひたすら歌っているだけですが、一応カラオケと言えるでしょう。
ワタクシは歌うことが好きです。カラオケに行けば一人でいつまでも歌っていられます。
しかし、決して歌が上手いわけではなく、子供時代は「音痴」として通っていましたし、カラオケが流行し始めた当初は人前で歌うことが恥ずかしくて、余計に音程をはずすという真似を繰り返していました。
・・・人は変わるものです。

歌うのが好きなのはいいが、所詮は1人カラオケ。
聴衆がいないのは寂しくはないか?

いえいえ、ちゃんと聴衆はいますよ。

2006090901
↑たった1匹の聴衆。

我が家に来てから1年と少し。
その間ずーっと昴は私の1人カラオケの唯一の聴衆です。
最初こそ、ワタクシが1人ずっとトリップしながら歌っているその顔を不思議そうに見ていましたが、今やもう慣れたもの。

2006090902
↑zzzzz・・・

特に気にする風でもなく、横で熟睡してます。

ちょっとした物音で飛び起きるくせに、横で大音量で鳴り響く母ちゃんの歌声はまったく耳に入らないらしいです。
たまにはじっくり耳を傾けて、拍手ぐらいしてもバチは当たらないと思うよ、昴さん。

2006090903
↑「はぁ?拍手~?」

何かね、その目は。

本日の名犬度。昴は家での母ちゃんの生態のすべてを知っている。+20。

人気ブログランキング
↑歩いて10分もかからないTSUTAYAに出かけていったダンナが2時間近くたっても帰ってこないのはどういうことでしょうね!?そんな鉄砲玉な父ちゃんにドスッと喝を!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年9月 2日 (土)

昴の血筋

どんなに天気がよかろうとも、昼間外出するのは自殺行為である夏は嫌いだ。こんにちは、昴です。
またしても更新が遅れて申し訳ない。
母ちゃんは相変わらず左手の爆弾も省みずにゲーム三昧の毎日だが、ここ数日左手の爆弾である腱鞘炎よりも先に、持病の不整脈が悪化したらしいぞ。
母ちゃんの不整脈は数年前から自覚症状が現れたそうだが、特に問題のない、普通誰でも持っている不整脈レベルだそうだ。
だが、疲れていたりストレスがたまっていたりすると不整脈がひどくなり、自覚症状が現れるらしい。
まったく、ゲームも大概にすればよいのだ。その分俺ちゃんと遊べ。
昨日はさすがに辛かったようで病院に行っていた。ちなみに俺ちゃんは留守番を命じられ、「ハウス!」と言われたが、どうせ寝るならケージよりもベッドのほうがよかったので、すぐさまベッドに逃げ込んでやった。
すると母ちゃんは「捕まえるのも面倒だ」という顔をして、俺ちゃんをベッドルームに閉じ込めたまま出かけていった。
よく考えたら、ケージ以外の場所で初めての留守番だな。もっとも、母ちゃんの調子が悪かったから見逃されたのだろうか。

まあ、母ちゃんのことなどどうでもいいな。
今日は俺ちゃんの血筋についてご紹介しよう。

一応俺ちゃんにも「血統書」なるものがついている。
俺ちゃんの血の系譜を証明する紙だ。これを辿っていけば相当前の血筋までわかる。ある意味人間よりもその血筋ははっきりしていてすごい。
かなり前にあちこちのブログでこの血統書紹介がはやっていたが、今頃載せる我が家は流行遅れも甚だしいと思うが、その辺は目をつぶってくれると嬉しい。

では、日本犬保存会に登録されている俺ちゃんの血統紹介。

犬名 鶴王号
犬舎号 伊豆梅荘
生年月日 平成17年2月27日
兄弟 雄1匹(俺ちゃん)、雌1匹

両親(父系) 梅若の雲影号(伊豆梅荘)
  (母系) 梅若の鶴寿号(伊豆梅荘)

祖父母(父系) 梅若の清龍号(伊豆梅荘) 濃真留女号(大長荘)
   (母系) 鈴孟号(出流緒雅輪) 梅若の昭妃号(伊豆梅荘)

曽祖父母(父系) 龍雲号(伊豆梅荘) 土佐の清花号(間犬舎)
         豊錦号(豊橋小野田) 静御前号(土佐鬼龍院)
    (母系) 桃源の光号(桃源洞) 成乃毬美号(出流緒雅輪)
         獅子王号(伊豆富士見荘) 梅若の優華号(伊豆梅荘)

玄祖父母(父系) 黒龍号(横浜西部荘) 土佐織姫号(土佐若荘)
         紅丸号(渋谷加治川荘) 清花姫号(間犬舎)
         福竜号(遠州金竜荘) 浜乃豊姫号(豊橋小野田)
         土佐緑号(霧生荘) 暮堂留号(土佐鬼龍院)
    (母系) 鈴光号(河北前田犬舎) 桃源の詠女号(正眞洞)
         白房号(若府荘) 成乃慧美号(出流緒雅輪)
         獅子櫻号(滝頭荘) 紅鶴女号(城北原田荘)
         黒龍号(横浜西部荘) 梅若の優号(伊豆梅荘)

おお、ここまで一気に書き上げた母ちゃんが倒れたな。ご苦労だった。
まったくもって、どうしてこう日本犬の名前はややこしい名前ばかりなんだろうか。日保だけの特徴なのだろうか。
俺ちゃんの血筋を見ていると、土佐方面の血が結構入っていることに気づく。
そして、父系と母系の玄祖父に黒龍号という名犬の血が重なっている。これはインブリードと呼ばれるかけ合わせ方で、その血が持つ優秀な遺伝子をより強く残そうというブリーディングの仕方だそうだ。
競走馬の世界ではよくあるやり方だと、競馬狂の母ちゃんが言っておるな。しかし、当然ながら同じ血をかけ合わせることはリスクも高いので、近い世代ではやらないというのが常識のようだ。現在では競走馬でもマイナーなやり方である。

ここで、俺ちゃんの父ちゃんを紹介しよう。
父ちゃんといっても、未だ起きてこない我が家のダメ父ちゃんのことではない。れっきとした俺ちゃんの生みの親である父ちゃんのことだ。
生まれ故郷である犬舎へのリンクで申し訳ないが、これが俺ちゃんの父ちゃん「梅若の雲影号」だ。

父ちゃんは現在、海外の展覧会で活躍するために海を渡ってしまったため、日本にはいない。
ちなみに俺ちゃんは父ちゃんに会ったことはない、はず。
それにしても、父ちゃんはこう、いかにも「柴の雄!」って顔をしてるよなあ。俺ちゃんとは似てないと母ちゃんは言うが、俺ちゃんも全くそのとおりだと思う。
父ちゃんは昔の日活顔、俺ちゃんは今風のアイドル顔だからね!
ん? でも似てるところもあるって?

2006090201
↑尻尾の形がよく似てる。

・・・・・要するに、尻尾が短くてちゃんと巻いてない、と言いたいのか母ちゃん。
いいんだよ別に。父ちゃんだって尻尾が短くても展覧会で活躍してるじゃないか。ということは、尻尾の長さは柴の基準じゃないんだよ!

2006072803_1
↑それ以前に、アンタの尻尾はしょっちゅうこんな状態ですけどね。

・・・・・ほっといてくれ。

こんな俺ちゃんと親戚だ、という素敵ドギーは一言教えてくれると嬉しいな。
ちなみに今まで、俺ちゃんの親戚という犬はぼしろー先生しか見たことないのだが・・・。

本日の名犬度。名犬の子は名犬、だと思いたい。+10。

人気ブログランキング
↑持病が悪化したのにまだまだゲームをやろうとしているどうしようもない母ちゃんにドスッとお叱りを!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »