« 初泳ぎ | トップページ | 1人カラオケ »

2006年9月 2日 (土)

昴の血筋

どんなに天気がよかろうとも、昼間外出するのは自殺行為である夏は嫌いだ。こんにちは、昴です。
またしても更新が遅れて申し訳ない。
母ちゃんは相変わらず左手の爆弾も省みずにゲーム三昧の毎日だが、ここ数日左手の爆弾である腱鞘炎よりも先に、持病の不整脈が悪化したらしいぞ。
母ちゃんの不整脈は数年前から自覚症状が現れたそうだが、特に問題のない、普通誰でも持っている不整脈レベルだそうだ。
だが、疲れていたりストレスがたまっていたりすると不整脈がひどくなり、自覚症状が現れるらしい。
まったく、ゲームも大概にすればよいのだ。その分俺ちゃんと遊べ。
昨日はさすがに辛かったようで病院に行っていた。ちなみに俺ちゃんは留守番を命じられ、「ハウス!」と言われたが、どうせ寝るならケージよりもベッドのほうがよかったので、すぐさまベッドに逃げ込んでやった。
すると母ちゃんは「捕まえるのも面倒だ」という顔をして、俺ちゃんをベッドルームに閉じ込めたまま出かけていった。
よく考えたら、ケージ以外の場所で初めての留守番だな。もっとも、母ちゃんの調子が悪かったから見逃されたのだろうか。

まあ、母ちゃんのことなどどうでもいいな。
今日は俺ちゃんの血筋についてご紹介しよう。

一応俺ちゃんにも「血統書」なるものがついている。
俺ちゃんの血の系譜を証明する紙だ。これを辿っていけば相当前の血筋までわかる。ある意味人間よりもその血筋ははっきりしていてすごい。
かなり前にあちこちのブログでこの血統書紹介がはやっていたが、今頃載せる我が家は流行遅れも甚だしいと思うが、その辺は目をつぶってくれると嬉しい。

では、日本犬保存会に登録されている俺ちゃんの血統紹介。

犬名 鶴王号
犬舎号 伊豆梅荘
生年月日 平成17年2月27日
兄弟 雄1匹(俺ちゃん)、雌1匹

両親(父系) 梅若の雲影号(伊豆梅荘)
  (母系) 梅若の鶴寿号(伊豆梅荘)

祖父母(父系) 梅若の清龍号(伊豆梅荘) 濃真留女号(大長荘)
   (母系) 鈴孟号(出流緒雅輪) 梅若の昭妃号(伊豆梅荘)

曽祖父母(父系) 龍雲号(伊豆梅荘) 土佐の清花号(間犬舎)
         豊錦号(豊橋小野田) 静御前号(土佐鬼龍院)
    (母系) 桃源の光号(桃源洞) 成乃毬美号(出流緒雅輪)
         獅子王号(伊豆富士見荘) 梅若の優華号(伊豆梅荘)

玄祖父母(父系) 黒龍号(横浜西部荘) 土佐織姫号(土佐若荘)
         紅丸号(渋谷加治川荘) 清花姫号(間犬舎)
         福竜号(遠州金竜荘) 浜乃豊姫号(豊橋小野田)
         土佐緑号(霧生荘) 暮堂留号(土佐鬼龍院)
    (母系) 鈴光号(河北前田犬舎) 桃源の詠女号(正眞洞)
         白房号(若府荘) 成乃慧美号(出流緒雅輪)
         獅子櫻号(滝頭荘) 紅鶴女号(城北原田荘)
         黒龍号(横浜西部荘) 梅若の優号(伊豆梅荘)

おお、ここまで一気に書き上げた母ちゃんが倒れたな。ご苦労だった。
まったくもって、どうしてこう日本犬の名前はややこしい名前ばかりなんだろうか。日保だけの特徴なのだろうか。
俺ちゃんの血筋を見ていると、土佐方面の血が結構入っていることに気づく。
そして、父系と母系の玄祖父に黒龍号という名犬の血が重なっている。これはインブリードと呼ばれるかけ合わせ方で、その血が持つ優秀な遺伝子をより強く残そうというブリーディングの仕方だそうだ。
競走馬の世界ではよくあるやり方だと、競馬狂の母ちゃんが言っておるな。しかし、当然ながら同じ血をかけ合わせることはリスクも高いので、近い世代ではやらないというのが常識のようだ。現在では競走馬でもマイナーなやり方である。

ここで、俺ちゃんの父ちゃんを紹介しよう。
父ちゃんといっても、未だ起きてこない我が家のダメ父ちゃんのことではない。れっきとした俺ちゃんの生みの親である父ちゃんのことだ。
生まれ故郷である犬舎へのリンクで申し訳ないが、これが俺ちゃんの父ちゃん「梅若の雲影号」だ。

父ちゃんは現在、海外の展覧会で活躍するために海を渡ってしまったため、日本にはいない。
ちなみに俺ちゃんは父ちゃんに会ったことはない、はず。
それにしても、父ちゃんはこう、いかにも「柴の雄!」って顔をしてるよなあ。俺ちゃんとは似てないと母ちゃんは言うが、俺ちゃんも全くそのとおりだと思う。
父ちゃんは昔の日活顔、俺ちゃんは今風のアイドル顔だからね!
ん? でも似てるところもあるって?

2006090201
↑尻尾の形がよく似てる。

・・・・・要するに、尻尾が短くてちゃんと巻いてない、と言いたいのか母ちゃん。
いいんだよ別に。父ちゃんだって尻尾が短くても展覧会で活躍してるじゃないか。ということは、尻尾の長さは柴の基準じゃないんだよ!

2006072803_1
↑それ以前に、アンタの尻尾はしょっちゅうこんな状態ですけどね。

・・・・・ほっといてくれ。

こんな俺ちゃんと親戚だ、という素敵ドギーは一言教えてくれると嬉しいな。
ちなみに今まで、俺ちゃんの親戚という犬はぼしろー先生しか見たことないのだが・・・。

本日の名犬度。名犬の子は名犬、だと思いたい。+10。

人気ブログランキング
↑持病が悪化したのにまだまだゲームをやろうとしているどうしようもない母ちゃんにドスッとお叱りを!

|

« 初泳ぎ | トップページ | 1人カラオケ »

コメント

あぁ、ホントに「血統書」の名前って時々「???」って名前があるのよねぇ。
すっごいカッコイイのもあれば「え”っ!?」ってのもあるし…。

残念ながら、親戚ではないみたいだわ。
えっ、ホッとした?
まぁ、‘荒くれ’と一緒じゃ嫌よねぇ。(苦笑)

……で、まだ腱鞘炎良くならないのね。
私すっごく久しぶりにゲームに手を出したの。(昨日から)
「ラプソ…」に…。
早く‘5’をやりたいのに売ってなかったのよぉ~~~~~!!(号泣)
し、しかも持ってるメモリーではセーブが出来ない!?(驚愕の事実)
いつの間に、ゲームのデーターの容量が増えていたの???(涙)
それなのに、昨日は4時間ほど遊んじゃった。テヘッ♪

投稿: gabo | 2006年9月 3日 (日) 10時54分

お久しぶりです。  持病の不整脈、いかがですか?  ストレスって、もしかしてゲームへのストレスじゃないかしら! 

さすが日本犬の血統書・・洋犬とは違うね~。
びっくり。

<チケットの件
良かったわ、郵送されてないのかと思ちゃった!  昴、天気は悪かったけど、思いきり走れて楽しかったでしょ。  

投稿: トーマス母 | 2006年9月 4日 (月) 09時18分

バロンの母方の玄祖父が伊豆梅荘さんの“梅若の闘雲号”なんですが(確かコタにも関係あったはず)、昴には直接の繋がりはないんだよね・・・。お父ちゃんとは目のあたりが似てると思うけどな~。
尻尾はたたき尾っぽいよね?血統書の尾型は“巻”になってたっけ?

>トマ母様
ちゃっかりご相伴に与りました。ありがとうございました。トマ君の足の様子は如何でしょうか?
どうぞお大事に!

投稿: Jakaranda | 2006年9月 4日 (月) 14時53分

ををぅ!コレが噂の昴っちのパパね!!
かっくいいなぁ~~~!
私は花梨の両親を見たことがないから、血統証を頼りに、ネットで色々調べてみたけど見つけられなかったなぁ~。(T^T)
まぁ、そんなに活躍しているワンコじゃないのかもしれないけど。(^^;
残念ながら、親戚関係にはないようです。私も親戚さん探してみたい~!

投稿: おやぶん | 2006年9月 5日 (火) 20時44分

gaboさま

ああもう、ホントにお返事が遅くてすみません!!
ホント、犬の血統書名ってややこしかったり変なのがあったりと、見ていて飽きませんね。
ショップや犬舎によっては、登録名を飼い主が決められるところもあるみたいですし。
昴のマブダチバロンはそうだったようで、バロンの血統書名はまんま「男爵号」だそうです。
でも、親分とは親戚じゃなかったのね。残念。

「ラプソ・・・」って、正式名称なんでしたっけ?
ダメだ~。思いつかない~~!!でも多分RPGですよね。あれ、まさか幻水??
我が家にはPS2のメモカは4枚ありまして、そのうち3枚がワタクシの、1枚がダンナのです。
しかし、これもそろそろ容量が限界っぽいです・・・。
一体どれだけゲームあるんでしょうね、うちは(笑)

投稿: 真島サキ | 2006年9月10日 (日) 22時16分

トーマス母さま

そうなのです。不整脈の悪化は確実にゲームのストレスなのです。
アクションゲームは常に神経を集中させて昂ぶらせているので、脳や神経にものすごいストレスをかけるのですよ。
普段はまるっきり集中力のないワタクシですが、好きなことへの集中力はハンパではないので・・・。
でも最近は心臓に悪いので、ゲームを少しだけ自重してます。

日本犬の血統書名もすごいけど、洋犬の血統書名もよく見るとヘンなのありますよ。
どこかのブログで「ディヴィット・ベッカム」という血統書名の犬を飼っていると言う話を読んだことがありますし。

チケットどうもありがとうございました。
ピクニックランドのランは広くてよかったですよ!小@内×公園のランをもっと広くした感じでした。
入場料等が高いのが難点ですが、またチケットをもらったら行ってみてください。

投稿: 真島サキ | 2006年9月10日 (日) 22時22分

Jakarandaさま

先週はお世話になりました。
というか、遅くてすみません。

梅若の闘雲号の祖父が昴の玄祖父「黒龍号」なので、バロンと昴(とコタ)は、一応同じ血を引いていると言えなくもないですな。
しかしもう、そこまで遡っちゃうと、親戚とは言えないかな。
え、お父ちゃんと昴は目が似てますか?
ワタクシはその目が似てないと思ったのですが・・・。だって昴はお父ちゃんのようにつり目ではないですよ。
尻尾は一応巻き尾です。というか、伊豆梅荘さんの柴はこういう尻尾の子多いみたいです。
やはり尻尾は長さや巻き方は重要視されないようですね。尻尾は毛吹きや太さが重要視されるんじゃないでしょうか。
もっとも、昴のようにしょっちゅう垂らしている尻尾は論外でしょうが(笑)

投稿: 真島サキ | 2006年9月10日 (日) 22時27分

おやぶんさま

昴のお父ちゃんカッコいいでしょ?
両親や親戚筋の犬がすぐにわかるのが、犬舎出身の子の利点です。
血統にこだわっている専門犬舎の犬は、あんまりペットショップには流通させないんじゃないでしょうか。
もっとも、どういう血統の子であろうが、一般家庭の飼い犬であるならば、どの子も同じです。
親戚を探したいのならば、柴の親戚サーチみたいなのがあったはずですよ。
登録してみては?面白いかもしれませんよ。

投稿: 真島サキ | 2006年9月10日 (日) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112081/11730811

この記事へのトラックバック一覧です: 昴の血筋:

« 初泳ぎ | トップページ | 1人カラオケ »